高森クリニック

診療内容の特徴

  1. 病気とは、気が病むと漢字で表現されています。気が病むということは何を意味するのでしょうか?
    「気が入らないのか、気が体内で巡らないのか、悪い気が入ったのか?」
    そのいずれでしょうか?
    次に、その「気」とは何でしょう?
    気の異常を改善することが病気の治療の根本にあります。高森クリニックは、そのことを考えながら病気の治療に当たります。
  2. 人体の不調、たとえば頭痛を例にとると、それが起こる原因はどこにあるかと考えてみましょう。
    身体に原因がある場合、精神に原因がある場合、気に異常がある場合、この三つの場合が考えられます。
    場合によっては一つだけの異常ではなく、二つもしくは三つの異常が複合して頭痛が起こる場合があります。
    したがって、原因を身体、精神、気のどこにあるのかを探り、それぞれをすべて治療する必要があります。
  3. 病気になった原因、病気が治らない原因(回復を妨げている要因)を探らないと、なかなか直りませんし、
    直ってもすぐに再発します。高森クリニックの「気の診断」システムはそのことの的確な診断を行うことができます。
  4. できるだけ薬を使わず、使う場合でもできるだけ少ない薬剤で治療する方が望ましいのです。
    どの薬剤がどれだけの量が必要かが分かればとてもよいことです。また、「薬の気と人間の気が合うかどうか」が分かれば、
    自分の体に合う薬が分かり、有効量も分かります。このような気の診断システムを高森クリニックはとっています。
  5. 気功治療では、関節・脊椎・骨盤の歪みを調整することが可能なため、痛み・コリなどを簡単に軽減することができます。
  6. 気の流れを悪くし、病気を引き起こすものを発見することは重要です。
    飲食物、電磁波を出す機器、装身具(アクセサリー・眼鏡の金属、歯の充填物)、化粧品・石けん・シャンプー、
    睡眠時に身体に接触するもの、睡眠時の寝る方向、これらが体に合っているかはとても重要です。これらの判定も行います。
  7. ストレス、心身症、不安・不眠・うつの治療を行います。カウンセリング・心理療法も希望者には行います。
  8. 乳幼児から高齢者まで、どのような病気でも治療に応じます。
    治療以外にも、健康法・養生法などのすべてを指導いたします。